読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A NET ~あねっと~       移住×農業 その後の雑記

   ― No Where(どこにもない)がNow Here(いまここ)になるとき ―

スノーボードすること

 農家仲間とスノーボードに行った。初めて新潟に来て、初めてスノーボードをした時のことを思い出す。2006~7年の冬だった。ということは、新潟に来て丸10年じゃないか。

 

 白と青のコントラストを目の前にする度、その月日を数え直している。これからも数え直してはいちいち感傷的な気分になるのだろうか。真夏にはそんなことを思ったりしないのだが。

 

 

 

 

 

 

禁煙80日目

鶴岡市立加茂水族館】2017.2.21

 

 話せば話すほど、文字を連ねれば連ねるほど裏目に出る。そういうことがないだろうか。僕はある。この時期は会合が多いので、連日の言葉・言葉・言葉。酒・酒・酒。(笑)

 

 僕は稲作農家なので、稲作期間中は一人で仕事をすることが多い。一人なら当然喋らない。そして思うのだ。一人で思ったことの誠実さなど、コミュニケーションの中で全然シェアできていないのだと。

 

 同じように誰かの誠実さも僕は受け取ることができないでいるのだろう。妻や子や親の思いも既読スルーしているのかもしれない。

 

 

【禁煙して80日が経過しました】

 

 イライラしたときに、それ以上イライラしなくなった。イライラするとタバコを吸いたくなるという無意識のサイクルが無くなったからなのか。だとすると、僕のこれまでのイライラはニコチンの仕業でしかなかったのか。

 

 この間、20回はあった飲み会の席(4日に1回は飲み会ということか・・・)でもタバコの誘惑に負けず。というか、そもそも誘惑された気もしなかった。

 

 ただ、何か辛いなと思い続けていたのだが、最近ようやく分かった。タバコがもたらしてくれていた「興奮」と「脱力」の力は僕のテンションをかなり操っていたのだ。そして、これからはタバコに頼らずにリラックス(タバコが本当にリラックスになるかどうかは別として)、というか気持ちの切り替えを覚えなければならないのだ。

 

 でも、少しづつ覚えてきた気がする。何か物足りないというのなら、日々は常に何か物足りない。タバコを吸っていても、いなくても。

 

 そういうことも、こうしてわざわざ考えなければ思い出さないような禁煙80日目。