読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A NET ~あねっと~       移住×農業 その後の雑記

   ― No Where(どこにもない)がNow Here(いまここ)になるとき ―

勉強会に参加すること

 朝イチでdocomoショップに行く。10時開店の10分前から車が集まってくる。5分前に外に出て並んだので1番で用事を済ませることができました。いつ行っても混んでて嫌になるのだが、なるほど、朝イチで並べばスムーズなんですね。当たり前ですが。

 

 結局、月額540円払っているケータイ保証サービスを使って、同機種と交換することにした。修理ならば約5000円、交換なら約7000円。修理ならばバッテリーはそのまま、交換なら新品ではなくて一部リサイクル部品の使用がある。どちらが明確に得かを示すこともなく、あくまで自己決定の責任で選択させるあたりが心憎い。交換品は明日宅配便で届くので、データの移行が済んだら速やかに旧品を返送してくださいとのこと。期日を過ぎると約40000円の違約金が請求されるそうだ。いやはや。

 

 ついでに2台持ち契約の片方であるタブレット端末の契約を解除する。今なら2台持っても料金が変わらないからお得だと言われて契約してしまったのだが、全然得じゃない。当たり前ですね(笑)。2年縛りでまだ1年しか使っていないので、違約金の10000円も払う。この辺もよくできていて、タブレットのモバイル通信の基本料金を解約せずにもう1年払うのと、解約して違約金+端末残金を払うのとほとんど違いがない。解約しなくてもお金は変わりませんよシステムなのだが、今日の受付のお姉さんは親切だったのでそれを勧めてくることはなかった。なので解約。スマホがあるのにタブレットを持ち歩く必要は僕にはありませんでした。やっぱり旧世代にはPCが一番です(^^;

 

 それにしても、docomoショップのお姉さんはどうしてあんなに容姿端麗なのだろう。「解約しないほうがお得ですよ♪」と言われていれば、えぇ、解約しなかった可能性だってあります。情けないですが。

 

 

 

 午後からは地域振興局主催の勉強会に参加する。後継者塾の第2回ということで決算書や申告書の見方、事業承継のポイントなどを専門の方から教えてもらう。親から子へのバトンタッチというものが事務的に進むとは思えないと皆が思っているわけで、なぜならそこにはひとつ屋根の下の感情論もあるのです。でも、そうも言ってられない。自分だけではなく、皆の切実な課題であるだけに勉強しがいもありました。

 

 講義中、窓の外は雪が舞っていた。里では初雪ですね。

 

 

 

 引用元不明のネットニュースはやはり怪しかった。不思議に思うのですが、運営元はかなりテキトーな事業で利益を得ていたということなんでしょうか。僕もそんな怪しい記事ばかり読んで楽しんでいるので何とも言えないのですが、僕の解約したタブレットと同じように、今の自分に全然必要でない情報にお金を払っているという虚しさを今日初めて感じてしまいました。マジメに考えたらキリがないと思っていたけど、そんな情報いっぱいあるなぁ。