A NET ~あねっと~       移住×農業 その後の雑記

   ― No Where(どこにもない)がNow Here(いまここ)になるとき ―

大雪になったことなど

 12/15(木)

 夕方から用事があるので15時まで仕事に出る。

 先日の雪は一度溶けて、またうっすらと積もる。

 

 夜はちょっとした忘年会で飲み屋街に出る。ブロックの役員忘年会なのですが、この会のシステムはお見事なもので、まず・・・

 ①県認定の農業士会に入る・・・と必ず

 ②近隣市町村ごとに区分されたブロック農業士会に所属する・・・と

 ③自分の市の農業士会にももれなく入れる。

 今回は②の集まりなのですが、当然③の地元の仲間は②と①でも一緒。で、今年来年と①の理事である僕は、②と③の役員を兼務するという決まりなので、①②③のイベントには全部参加しますし、合わせて役員会もありますしで、まぁとても楽しませてもらってます。(笑)

 特に①のイベントは範囲が県ですので、県内のたくさんの若手農業者と知り合いになることができました。

 飲んでいたら風邪の体調不良も忘れてしまって、帰りは午前様・・・(^^;

 午前一時の家の前。風がやんで雪がしんしんと降りだしていました。

 

 

 

 

 

 

 12/16(金)

 さすがに具合が悪くて昼まで寝る。(^^;

 午後からはスキー場のオープン前研修と懇親会があるのでスキー場に向かう。昨晩の雪は朝まで降り続いた様子で、あたり一面雪景色になっていた。積雪は30cmくらいだろうか。

 冬だけのお仲間と半年ぶりに顔を合わせる。2008年の秋にこの土地に来て、その冬からスキー場にお世話になっているので今年で9年目になる。毎年この顔合わせ会の度に僕は初めて新潟に来た時の不安を思い出す。それはもう100%不安(笑)。何とかなるだろうと思っていたけれど、いざ地元の年配の方々が飲み始めると言葉がさっぱりわからない。これは辛かった。みんな珍しがって色々と話しかけてくれるのだが、どうにも聞き取れない。丸8年前のあの晩は帰りの車の中で泣きそうになりました。それからの日々を思い出すと、どうして今の自分が折れずに立っていられるのかがよくわかります。

 というわけで、短い時間の中でけっこう飲む。(^^;

 

 12/17(土)

 風邪っぴきがくすぶる。妻がパン教室の先生の日なので、午後は娘を体育教室に連れていく。下の子も行きたいというので、母が子守していてくれる予定だったのだが、下の子も連れていく。帰りに図書館に寄って、子供らが借りていた大量の本を返し、僕は何冊か借りる。図書館内に子供の遊び場が併設されているので、子供らはそこで遊び、僕は借りたばかりの本を読む。

 『山形ガールズ農場!』って、そういえば一頃よく名前を聞いたような気がします。いま改めて読むと、新しい就農スタイルの先駆けだったのだと思って、同じ農業者としてとても感銘を受けました。すぐ隣の山形県なので、いつかお会いできる日があるのかもしれません。

 

 この頃、本当に本を読まなくなった。音楽も聞かなくなった。じゃあその時間は何をしているかと言えば、たぶんネットサーフィンをしているのだ。それに改めて気づきまして、これはマズいと。情報を得ているつもりなのに、何のインプットもなされていない自分を知ってショックを受ける。本を開いて活字を追いかけるという集中力は、本の内容以上に為になっていたのだ。僕が高校生だった1997年前後を思い出せば、読書の途中でLINEの新着メッセージを気にする必要などなかったわけで、一度シェイクスピアを読み始めれば、目の前は本を閉じるまで中世の劇場だったはずなのだ。その集中力を僕はもう一度味わえるだろうか。ということで、図書館通いを続けてみることにしよう。

 夜は布団の上で子供らとトランプをして早々に寝てしまう。